レーザ光の生体透過
光子(フォトン)による驚異の治療
写真:「レーザ光の生体透過(CCDカメラ)」
 
われわれは太陽の光を浴びたり、蛍光灯の下で生活したりしていますが、光の照射で痛み

が消えたり、傷が治るという経験をあまりしませんが、低出力レーザ照射では可能です。

何故でしょうか。鍵は光の波長と波形、エネルギー密度にあります。

低出力レーザ治療には、主に近赤外線が使われておりますが、800nm前後の光は、水と

ヘモグロビンの吸収が最も少なく、生体に対する窓といわれております。光学レンズを使

って780nmのレーザ光を絞ると、10mWの半導体レーザを用い、30mm程度生体内に浸

透させることが可能ですが、30mm浸透すれば、皮膚下のレセプターを刺激することがで

きます。自然光は皮膚の表面で殆ど反射され、生体内には短波長の電磁波しか浸透しませ

んから、大きな違いです。

光の本体は光子(フォトン)ですが、低出力レーザ療法の本質は、光子が生体内の細胞

を刺激し、活性化、正常化する治療法であることが判ります。


トピックスへ戻る