レーザ光
低出力レーザ光の波長、出力
写真:「光の波長と水、ヘモグロビンの吸収度」
 
低出力レーザの光源には、800nm前後の光が、水とヘモグロビンの吸収が最も少なく透

過力が最も高い為、通常使われております。10〜100mWの出力のレーザを生体に照射す

ると30〜50mm浸透することが確認されております。

630nmの赤色光レーザと780〜830nmの近赤外線レーザを比較すると、近赤外線レーザ

のほうが浸透力が高い為、鎮痛効果が高く、逆に、赤色光レーザは皮膚により吸収される

為、創傷、潰瘍治癒効果が高いと言われ、臨床面では使い分けがされております。低出力

レーザの波長依存性については、未だ解明されておらず今後の研究課題ですが、光(フォ

トン)が吸収される生体側のレセプターとともに時間の問題で解明されると思われます。

現在、市販のレーザ治療器では、10〜180mWの出力が使われており、出力が強い方が効

果が高いと考え勝ちですが、必ずしもそうではありません。特に、東洋医学的使い方をす

る場合、強い刺激は「瀉」として働く為、患者が「虚」している場合、よけい症状を進め

てしまう場合が少なくありません。注意が必要です。


トピックスへ戻る